>  > 優劣ではなく、違いでしょう

優劣ではなく、違いでしょう

風俗程様々な種類のサービスがあるものはないんじゃないかなとも思うんですよね。それくらい本当に全然違うものだと思うんですけど、風俗のジャンルの違い。それは優劣ではないんですよね。例えばソープとピンサロはソープの方が偉いとか、そういった話ではないと思うんですよ。ニーズの違いというか、いろいろな違いがあると思うので風俗はもっともっといろいろな気持ちを味わっても良いんじゃないかなと思いますよね。自分自身、いろいろな気持ちを持っていますけどそこには優劣の違いを楽しもうってものじゃなく、ただ単にジャンルの違いってだけですしね。だからソープもピンサロも大好きですよ(笑)ソープを楽しみたい時もあれば、ピンサロで思い切り弾けたい時だってあるんです。だから気の赴くままに、自分の好きなように楽しむくらいで良いんじゃないかなってのが自分の正直な気持ちですけどね。それがあるので風俗は本当に楽しいなって思えるんですよ。

根気の勝利だと確信したかもしれない

根気の勝利…と呼ぶにはちょっと大げさかもしれませんが、何度となく風俗店に電話してようやく予約を取ることが出来ました。これは自分でも相当嬉しかったですよ。なかなか予約が取れないと女の子と遊びたいって気持ちよりもむしろ予約を取りたいって気持ちで意地になってくる部分があったのも事実です(笑)でも無事に予約も取れましたので楽しんできましたが、それだけ予約を取るのが難しいんです。その分きっと素晴らしい女の子なんだろうって確信はありましたがその確信以上の女の子だったんじゃないかなって思っています。Uちゃんという風俗嬢だったんですけど彼女の素晴らしい所は細くて長い手足。モデルのようなボディを持つ彼女に正直、圧倒されたなって思っています。視覚的な部分で最高の感触を得られたんじゃないかなとも思うので、その日は自分自身、大満足と行って良いんじゃないかなって思っています。いやはや、本当に素晴らしい一日でしたよ。

[ 2017-03-06 ]

カテゴリ: 風俗体験談